トップ

インプラントと医療保険に関して

インプラントと保険

インプラントと保険事情

インプラントは医療保険の対象になるのでしょうか。実は一部の先進医療特約のついた保険では補償の対象になる場合があるようです。しかし、それには条件があり、通常の入れ歯では咀嚼機能の回復が困難な場合という条件がついています。つまり入れ歯で食事が可能な状態であれば利用することは出来ません。そのため、利用するためには非常に大きなハードルがあり、ほとんどのケースでは補償の対象とはなりません。そのため、インプラントを利用する場合には自由診療で全額自己負担と考えるほうが無難です。仮に保険が適応されてもいくらまでが算定されるのかなどの問題が残ります。

インプラント,保険

歯の治療と医療保険とは

インプラント治療の医療保険は使用することができるのでしょうか。医療保険を利用するためには、保険によってその治療法が認定を受けていなければなりません。この治療法は認定を受けていないため、利用することが出来ず自由診療ということになります。自由診療では費用を利用者が全額負担する必要があります。保険を利用できる治療法としてはブリッジや部分入れ歯という方法がありますが、これらの方法は隣接する歯に大きな負担をかけることが欠点となります。インプラントは高額な治療にはなりますが、メリットを考えると高い治療とは言い切れません。

↑PAGE TOP