トップ / インプランの情報

インプランの情報

インプランに関する事

インプラントの歴史と優秀性

ヨーロッパでは紀元3世紀頃、鉄製のインプラントが上顎に埋まっている人骨が発見されました。はるかローマ時代の話です。中南米では、下顎に貝を用いて作られたものが埋まっているのを、紀元7世紀頃の人骨より発見されています。このことからも、歴史的に古いのがわかります。正確な治療法になったのは、それほど時代としても昔ではありません。ネジのような形状である、スクリュー形状のチタン製インプラントが登場して、1965年には臨床応用がスタートしています。1980年代には、世界的に臨床結果の優秀性が知られるようになりました。

インプラント,保険

治療が速いワンデーインプラント

ワンデーインプラントとは一日で歯を固定するインプラント治療のことです。インプラントを埋め込んだその日に仮の歯も取り付けるので、手術に掛かる期間が比較的短くて済みます。そのため、患者の負担を軽減することが可能になるので、特に多くの歯を失ってしまい、治療することになった場合に適した治療法です。全体を一度に治療してしまうことによって比較的美しい仕上がりにしやすいというメリットもあります。ほとんどの場合、ワンデーインプラントの手術をしたその日から軽い食事程度ならできるようになります。

↑PAGE TOP