トップ / インプラントと喫煙に関して

インプラントと喫煙に関して

インプラントと喫煙

インプラントと喫煙の問題

インプラントと喫煙とはどの様な関係があるのでしょうか。この治療の成功率は高いのですが、失敗する場合もあります。失敗する場合の大きな原因として喫煙が関係しています。件常者とタバコを吸う人の失敗率を比較すると4倍近く失敗しやすいという結果が出ています。タバコを吸うと血流を阻害します。これはタバコに含まれるニコチンによる作用であり、血流が阻害されることによってインプラントを支える骨や歯肉に十分な酸素や栄養素が行き渡らないようになるのです。また酸素が少ないと細菌が繁殖しやすくなり、感染症を起こす原因となるので、気をつけましょう。

インプラント,保険

歯の治療と喫煙の関係

歯科で人気のインプラント治療ですが、喫煙は治療に影響があるのでしょうか。この治療がうまくいかない原因の多くは歯周病が関係しています。歯周病は歯茎をやせさせ、あごの骨自体も溶かしてしまうため治療を行ったとしても人工歯根が取れてしまう場合があるのです。喫煙は歯周病の原因となるため、治療の大きな妨げとなります。また、タバコを吸うと血管が収縮することによって血流が悪くなります。その結果として人工歯根とあごの骨との結合がうまくいかずに人工歯根が抜けてしまう場合があります。インプラントを行う場合には禁煙が必要になります。

↑PAGE TOP