トップ / 入れ歯よりインプラント

入れ歯よりインプラント

インプラントの検査

インプラント処置によるメリット

インプラントとは、虫歯や外傷などにより歯を失ってしまった場合、その歯の抜け後を補う方法として有効な処置のひとつです。顎の骨の中の歯を支えている部分に穴をあけ、そこに人工歯根を埋め込み、その上にセラミックでできた人工の歯を装着させる処置です。顎の骨にしっかり固定するので噛む力を劣化させることが無く、固いものでも噛むことが出来るようになります。また、隣の歯を削る必要が無いので、見た目も元の健康な歯の状態に近くなります。インプラントを維持するためには、十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要です。

インプラント,保険

インプラントで歯の機能を回復

インプラントは歯の機能を回復させるだけではなく、骨を保たせるためにも有効性があることを理解し、手術を受けるべきか決めるべきです。入れ歯などを用いたほうが費用は安くて済みますが、歯根が失われ歯にかかる圧力も分散して力が伝わらないようになってくると、歯がない部分の顎の骨が次第にやせ細っていくことが分かっており、周りの生えている歯も影響を受けてゆがんだり抜け落ちやすくなります。インプラントは人工歯根を骨に埋め込むため本来の歯のように機能し、骨がやせていくことはほとんどなくなります。

↑PAGE TOP