トップ / インプラントとアレルギーとは

インプラントとアレルギーとは

インプラントの注意点

金属アレルギーとインプラント

金属アレルギーがあるからインプラント治療をあきらめている方も、きちんとした治療を受ける事ができます。一般的に歯科治療でアレルギーが起きる原因は、唾液等で金属が溶け出し、イオン化したものが体内に入って炎症を起こすというものですが、インプラントの土台部分に使用されている金属部分は99.9%以上がチタン製で、チタンからはこのアレルギーの原因となるイオンが発生しないのです。そのためアレルギーを引き起こしにくく、上の歯の部分にもセラミックなどのノンアレルギー性の素材を100%使用することで心配がなくなるでしょう。

インプラント,保険

金属アレルギーと歯の治療

インプラント治療を考えている人の中には金属アレルギーのことを心配しているという人もいるのではないでしょうか。確かにこの治療では人工歯根などに金属を使用しています。しかし、使用する金属はチタンという人体に対して親和性の非常に強い金属です。チタンは骨折の治療などにおいて昔から使用されており、人体に対して害がないことが証明されています。実際にインプラント治療でアレルギーが発生したような事例はありません。金属アレルギーがある人も治療は可能なことがほとんどなので、歯科医師に相談してみることをおすすめします。

↑PAGE TOP