トップ / インプラントと医療費控除のこと

インプラントと医療費控除のこと

歯の治療と医療費控除

インプラントと医療費控除

インプラントは、入れ歯に変わるものです。人口骨を埋込、人口の歯を植え付けるもので、保険対象とはなりません。ですが、医療費控除の対称となる医療費には、各種病院や診療所で支払った保険診療の治療費だけでなく、インプラントなどの自費診療の費用や治療に必要なその他の費用も含まれます。自分で申請しなければ、お金は戻ってこないので、ちゃんと確定申告の期間を確認しておきましょう。申告は管轄の区役所・市役所・税務署などで受付けており、現在は郵送やインターネットでの申告も可能です。この制度を賢く使っていきましょう。

インプラント,保険

医療費控除とはなにか

医療費控除というのは確定申告のときに行うことができる手続きであり、生計をひとつにする家族の一年間の医療費が10万円を超えた場合に、支払った一部の所得税が控除されて戻ってくる制度です。申告は区役所や市役所、税務署などで行うことができ、最近ではインターネットでの手続きも可能です。インプラント治療にかかった費用も医療費として計上することが出来るため、支払った料金の一部が戻ってくる可能性があります。インプラントは自由診療であるために、その費用が大きな問題となることが多いです。医療費控除で少しでも戻ってくれば非常に助かります。

↑PAGE TOP